室内空間

初代ラクティスも、室内の居住性が高いコンパクトなトールワゴンとして知られていました。そこから進化した2代目は、更にそれがアップしています。先代は、後部座席周りの空間の狭さが問題となっていました。トヨタはそれを解消し、ゆとりを持たせることが出来ることを目標として開発に取り組みました。まずは、フロントのシートを薄く造りました。それからリアシートの座面の奥行きと高さをそれぞれすこし拡大しました。主に足元をゆったりさせることで、全体的な余裕を生み出したのです。また、5ナンバーサイズボディを維持しつつも室内の幅を40ミリ拡大しているので、ここでもすこし広さが生まれています。

メカニズム

トヨタのコンパクトなトールワゴンとして販売されているラクティスは、2010年に2代目へと進化しています。前行型であるファンカーゴの時から、代々のヴィッツのプラットフォームを利用しているのは変わりません。とても関わりの深い車種となっているのです。1300ccと1500ccのエンジンモデルがあることも変更ないのですが、前者にはデュアルVVT−iを、後者には4WDのCVTトランスミッションを採用しています。平成22年度の燃費基準においてプラス25パーセントとプラス15パーセントをそれぞれ達成するなど、環境にも配慮しています。